マウスピース矯正の考え方

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、マウスピース矯正(アライナー)の考え方についてお話ししたいと思います。

歯並びを矯正したいけど、歯に装置をつけるのにはちょっと抵抗がある、、、とお考えの方は、マウスピース矯正を検討されると思いますが、治療を行うにあたって十分に知っておくべきことがあります。

日本矯正歯科学会の考え方

日本矯正歯科学会のホームページ内の、学会からのお知らせのなかに、アライナー型矯正装置による治療指針 一般公開にあたってという記事があります。

これによると、

・アライナー型の矯正装置に関する臨床的研究は少なく、その安全性と有効性が科学的に高いレベルで明らかにされるには至っていない
・全ての症例を本装置のみで治せるということは考えにくい
使用の適否の判断や不測の事態への対処、治療結果は、術者たる歯科医師の責任となるため、矯正診療に関する専門的教育(教育機関における基本研修)を修めた上で、高度な診断能力、治療技能、経験を有していることが不可欠

というのが学会の考え方です。

近年、マウスピース矯正(アライナー)によるトラブルが増えている現状もあり、日本矯正歯科学会からも一般の方々への注意喚起がなされています。

マウスピース矯正によるトラブル

 

マウスピース矯正によるトラブルとは、思っていたとおりに歯が動かない、物が噛みにくくなった、でこぼこは治ったが出っ歯になった、などといったものです。

歯型を採って技工所に送ればいくつものマウスピースが送られてきて、あとは患者さんに渡すだけ といった気軽さから、矯正治療に詳しくない歯科医でも安易に始めてしまう現状だそうです。

トラブルが起こったときの代替治療ができるか否かが大事であり、上記にもあるように、教育機関における専門的教育を修めること、すなわち日本矯正歯科学会認定医であるかどうかが基準になるのではないでしょうか。

商品のインストラクターや、商品名の入った認定ドクターなどは、日本矯正歯科学会認定医とは全く別物ですので、十分にご確認ください。

 

以上、マウスピース矯正(アライナー)の考え方についてお話ししました。