幼児期のマウスピース

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は幼児期のマウスピースについてお話ししたいと思います。

マウスピースで頭が良くなり運動神経もよくなる!?

 

先日、4歳のお子さんの矯正相談を受けました

他院で

「幼児のうちにマウスピース矯正をすることで、運動神経も良くなり成績も上がるから、ぜひやりましょう。今日申し込めばキャンペーン価格で行えます。」

 

と、上下一体型の柔らかい素材のマウスピースをすすめられたそうです。

お口の中を診たところ、永久歯のためのスペースがやや少なかったものの、歯列や咬み合わせの不正はなかったので、ご自身の成長でまだこれから顎が大きくなるので様子を見ましょうと伝えました。

 

マウスピースを販売している業者に、幼少期にマウスピース矯正をすることで運動神経も良くなり成績も上がるというエビデンス(証拠)や論文があるのか を尋ねたところ、

「そういったものはありません。咬み合わせを改善することで運よく良い効果があるといいな、くらいの認識が良いと思います。」

とのことでした。

 

幼少期のマウスピース矯正は、歯並びの状態によっては意義のある治療ですが、骨格や歯列改善以外のところに過度な期待はしないほうが良いと思います。

また、幼少期の歯列矯正を行うべきなのはどのような状態かを知ること、また、適切に対応できる歯科医院にかかることも重要なことであると思います。

幼児期のマウスピースについてお話ししました。

 

乳歯の早期治療についての以前の記事です。

乳歯の早期治療

小児矯正についてのご相談②

 

日本矯正歯科学会に参加しました

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

先日、パシフィコ横浜(横浜市)で行われた、日本矯正歯科学会学術大会に参加してきました。

矯正歯科治療の歴史と発展・今後の展望について、復習も兼ねて学びの多い二日間でした。

裏側矯正(舌側矯正)、マウスピース矯正についても多くの情報を得られました。

今後の治療に役立てたいと思います。

提携歯科医院

 岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

この度、福岡市に提携歯科医院が新規開業いたしました。

日本矯正歯科学会認定医が常駐しており、成人矯正、小児矯正、小児の虫歯治療、予防歯科など幅広い歯科治療を受けられます。

ホームページはこちらです。

うえき矯正歯科・こども歯科

 

中・四国矯正歯科学会に参加しました

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

中・四国矯正歯科学会に参加しました。

今回は岡山大学鹿田キャンパス内のホールで行われました。

矯正用アンカースクリューの症例ごとの応用法といった臨床の講義や

医療広告ガイドライン改正の話など、大変有意義な学会でした。

IMG_6898

マウスピース矯正の考え方

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、マウスピース矯正(アライナー)の考え方についてお話ししたいと思います。

歯並びを矯正したいけど、歯に装置をつけるのにはちょっと抵抗がある、、、とお考えの方は、マウスピース矯正を検討されると思いますが、治療を行うにあたって十分に知っておくべきことがあります。

日本矯正歯科学会の考え方

日本矯正歯科学会のホームページ内の、学会からのお知らせのなかに、アライナー型矯正装置による治療指針 一般公開にあたってという記事があります。

これによると、

・アライナー型の矯正装置に関する臨床的研究は少なく、その安全性と有効性が科学的に高いレベルで明らかにされるには至っていない
・全ての症例を本装置のみで治せるということは考えにくい
使用の適否の判断や不測の事態への対処、治療結果は、術者たる歯科医師の責任となるため、矯正診療に関する専門的教育(教育機関における基本研修)を修めた上で、高度な診断能力、治療技能、経験を有していることが不可欠

というのが学会の考え方です。

近年、マウスピース矯正(アライナー)によるトラブルが増えている現状もあり、日本矯正歯科学会からも一般の方々への注意喚起がなされています。

マウスピース矯正によるトラブル

 

マウスピース矯正によるトラブルとは、思っていたとおりに歯が動かない、物が噛みにくくなった、でこぼこは治ったが出っ歯になった、などといったものです。

歯型を採って技工所に送ればいくつものマウスピースが送られてきて、あとは患者さんに渡すだけ といった気軽さから、矯正治療に詳しくない歯科医でも安易に始めてしまう現状だそうです。

トラブルが起こったときの代替治療ができるか否かが大事であり、上記にもあるように、教育機関における専門的教育を修めること、すなわち日本矯正歯科学会認定医であるかどうかが基準になるのではないでしょうか。

商品のインストラクターや、商品名の入った認定ドクターなどは、日本矯正歯科学会認定医とは全く別物ですので、十分にご確認ください。

 

以上、マウスピース矯正(アライナー)の考え方についてお話ししました。

 

日本舌側矯正歯科学会に参加しました

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

大阪で行われた日本舌側矯正歯科学会に参加しました。

経験豊富な先生方の口演では舌側矯正(裏側矯正)の治療上の注意点、前歯のコントロール、軟組織との関わりなど、様々な内容を聞くことができ、学びの多い一日となりました。

また、矯正歯科を取り巻く環境についても認識する良い機会となりました。

日々の診療に反映できるよう、努めたいと思います。

 

矯正治療例-下顎前突(混合歯列期)

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

許可をいただいた患者さんの治療例をご紹介します。

症例

6歳女児。受け口を主訴として来院されました。

07-1

右側の乳犬歯から左側の第二乳臼歯にかけて反対咬合を呈していました。

検査の結果、上顎の歯列は横幅が狭く、上顎骨は頭の位置に対して後方に位置していました。

治療方針と治療結果

まず、全体のむし歯の治療を行いながら、上顎に夜間のみ拡大プレートを使用しました。

上下歯列の幅がある程度そろったのち、上顎にフック付きリンガルアーチを装着し、夜間のみ上顎前方牽引装置を使用しました。

07-2

拡大プレートは8か月、上顎前方牽引装置は11か月使用しました。

側方歯は交換中ですが、前歯部の咬み合わせは正常咬合となり、横顔も改善しました。

07-3

07-4

顎の成長と下顎前突の治療時期

顎の成長ピークの時期は、上下顎骨で異なります。

上顎骨は頭部に近いことから、小学校低学年(6~8歳)にはすでに成人の70%ほどに成長します。 

一方、下顎骨は身長が伸びる時期(おおよそ12歳ころ)に大きく成長します。

上顎骨が大きく成長するはずの時期に反対咬合があると、前方への成長が抑制されてしまう可能性があります。そうなると、下顎骨が成長する時期には反対咬合の度合いが大きくなってしまいます。

 

上顎骨の成長が終了した後の下顎前突治療には外科矯正も選択肢に入ってきます。

今回のように早期に治療を開始し上下顎骨のより自然な成長を促すことができれば、短期間で十分な治療効果が得られる可能性が高くなります。

 

 

当院の治療例はホームページ内にも掲載しています。是非ご覧ください。

うえき歯科・矯正歯科 治療例

 

 

 

 

 

歯ならびとあご・顔のかたち

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯ならびとあご・顔のかたちについてお話ししたいと思います。

 

「しっかり噛んで食べると歯ならびが悪くならずに済みますか?」という質問を受けることがあります。

よく咀嚼する(噛む)習慣を身につけると顎や顔面の正常な成長発育が期待できますが、歯ならびや骨格は遺伝などの要因も関係するため、歯ならびが悪くならずに済むとは言い切れません。

顔のかたちと咬筋

食物を咀嚼するときに働く筋肉の一つに咬筋があります。

咬筋は下顎の外側に付いている筋肉で、下顎を上に持ち上げる筋肉の一つです。

いわゆる丸顔、エラの張った人は咬筋が発達しており咬む力が強いです。

ほっそりした顎の面長な人は咬筋が弱いことが多く、下顎の臼歯が舌側へ倒れこむ傾向があり、矯正治療においては比較的難しい症例です。

 

咬筋が弱いお子様でも適度に硬いものを食べたり。食事中に時間をかけて咀嚼したりすることで顎の正常な成長発育を期待できます。

顎が発達することで歯ならびも改善される可能性もありますが、遺伝などの要因もあるため、心配が全くなくなることはないでしょう。

 

よく咀嚼して食べることは、顎や顔面部の正常な成長発育を促進する以外にも、唾液分泌を促進して胃腸の負担を減らし、顎の筋肉を使うことで脳や他の臓器に刺激を与え、健康を増進させる効果があります。

幼少期からしっかり咀嚼する習慣を身につけておくことは有意義であると言えます。

歯ならびとあご、顔のかたちについてお話ししました。

 

 

 

歯ならびと異常嚥下癖

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯ならびと異常嚥下(えんげ)癖についてお話ししたいと思います。

幼児型嚥下と正常な嚥下

食べ物や飲み物を飲み込むとき、歯のない乳児は上下の歯ぐきの間にした先を入れることでうまく母乳や食べ物を飲み込みます(幼児型嚥下)。

歯が生え、口の周りの筋肉が発達するにつれて、舌先を上あご(上顎前歯のすぐ後ろ)に押し当てる正常な嚥下を習得していきます。

正常な嚥下は幼少期における上顎の成長を助けています。

しかし、異常嚥下癖の患者さんは乳歯が生えそろっても幼児型嚥下が続いている状態で、飲み込むたびにした先が上下の歯に接触して歯や下顎を先方へ押してしまい、このことが原因で反対咬合や開咬となることがあります。

異常嚥下癖の治療

治療は筋機能訓練によって口の周りの筋肉(舌、口唇など)がバランスよく機能するように鍛えたり、夜間のみのマウスピースで舌の位置を矯正したりします。

筋機能訓練だけで歯ならびも改善できることがあります。

以上、歯ならびと異常嚥下癖についてお話ししました。

 

関連記事も是非ご一読ください。

口腔筋機能療法(MFT)