むし歯の三大要因と予防

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、むし歯の三大要因からみたむし歯予防についてお話ししたいと思います。

むし歯の三大要因

むし歯は   歯・むし歯菌・糖質(特に砂糖)の三つがそろったときに発生します。これらをむし歯の三大要因といいます。

これらの三大要因がひとつでも欠けると、絶対にむし歯になりません。

しかし実際には、歯をなくすわけにはいきませんし、一旦口の中に入ったむし歯菌を完全に取り除くことは不可能です。糖質は生きるために必要です。

歯に残っているむし歯菌と糖質を歯みがきによって極力少なくすることが、最も現実的かつ効果的なむし歯の予防法です。

それでは、歯みがき以外のむし歯の予防法を歯・むし歯菌・糖質それぞれについてお話ししていきます。

歯の強化

歯に関しては、フッ素で歯を強化することです。生えたての幼若な歯に最も効果的ですが、成人の歯にも効果はあります。

フッ素にはむし歯の初期症状である白く濁った状態を修復し、透明に戻す作用もあります。

むし歯菌の感染予防

むし歯菌は、まず感染させないことが最も重要です。特にむし歯菌として有名なミュータンス菌は、3歳頃までに親から子に感染することがわかってきています。

前述したように、感染してしまうと取り除くことは困難なので、みがき残しを溜めないようにして菌の活動を抑えておくことが大事です。

糖質の摂取の仕方

糖質に関しては、糖分の高いものをいつまでも口の中に入れておかないことです。キャラメル、飴、クッキーなどは口の中に残りやすいので要注意です。

食べたらすぐに歯みがきするのが一番良いですが、例えばおやつと一緒に水やお茶を飲むことも効果的です。

また、代用甘味料を使った食品や飲料はむし歯のリスクを下げてくれます。

 

以上、むし歯予防について、むし歯の三大要因の観点からお話ししました。

むし歯の成り立ちについてはこちらをご覧ください。口の二大疾患①むし歯

担当歯科衛生士

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

当院では、定期検診の患者さんと、筋機能トレーニングを行う矯正患者さんには、担当歯科衛生士制をとっております。

毎回同じ衛生士が担当することで、お口の状態の長期的な変化を把握することを目的としています。

この度、衛生士が一人産休に入りましたが、5か月前から新たな衛生士を補充し、各患者さんについての引き継ぎを行ってきました。ですから、担当の変わる患者さんも、これまで通り個々の状態にあった処置とアドバイスをさせていただけるものと思います。

また、曜日限定でスタッフを増員し、4月からは新たな衛生士も内定しています。

気になることやDr.に直接言いにくいこと等ありましたら、お気軽に歯科衛生士にお話しください。

 

裏側矯正(舌側矯正)の特徴

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

当院では、永久歯以降の矯正治療に裏側矯正(舌側矯正)での治療を希望される方が増えてきています。

今回は裏側矯正の特徴についてお話ししたいと思います。

裏側矯正の利点(表側との比較)

裏側矯正が表側矯正よりも優れている点には以下のようなことがあります。

①表から見えない:裏側矯正の最大の利点と言えるでしょう。患者さんからは、治療終了まで全く他人に気づかれなかったと喜んでいただいています。

②清掃性が良い:裏側は唾液の流れが豊富なため、歯垢がたまりにくくむし歯や歯周病になりにくいです。

③前歯を後方に動かしやすい:唇側に傾いている歯は容易に改善できます。

④舌癖の改善が期待できる:舌で歯の裏を押してしまう癖が原因で歯並びが悪くなってしまうことがよくありますが、治療中に舌癖も改善され後戻りも予防できます。

そのほか、音楽をされる方で口にくわえる楽器(トランペット、サックスなど)を演奏される方でも問題なく治療が進められます。

また、違和感については患者さんによって様々ですが、治療途中で表側から裏側に変更した患者さんで、表側よりも裏側のほうが違和感が少ないと言われた方もおられました。

裏側矯正の劣る点

次に、裏側矯正が表側に劣る点を挙げてみます。

①治療費用が表側に比べて高額:装置の単価が高いことに加え、表側の矯正では行わない技工操作が必要で、その技工代が余分にかかります。技工は治療の仕上がりを左右する重要なことなので省略することは難しいです。

②高度な技術と知識が必要:これは術者側の問題ですが、表側に比べると用いるワイヤーが短いため、高精度な技術が要求されます。またワイヤーが歯列全体に及ぼす反作用についての知識も必要です。

 

以前は、裏側矯正の欠点として、違和感が大きい、操作性が悪い、治療期間が長い   などがありました。

しかし最近の裏側矯正装置は以前のものと比べてかなり小型化され、操作性も向上しました。一回の診療時間も短縮され、全体の治療期間も表側と比べて大差はなくなってきました。

 

矯正装置の見た目が気になり矯正治療をためらっておられる方は、以上のことを踏まえ、裏側矯正も検討されてみてはいかがでしょうか。

裏側矯正の特徴についてお話ししました。

関連記事についても是非ご一読ください。

裏側矯正(舌側矯正)の歴史と進化

裏側矯正(舌側矯正)の技工

 

食事会

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

スタッフが産休に入るため、先日、食事会を行いました。

当院での歯科衛生士第一号として長い間本当によく支えてもらいました。歯科衛生士としてのスキルは言うまでもなく、円滑に治療が進むように患者さんやスタッフのことをよく考えてくれました。

どうか母子共に健康で、元気な赤ちゃんを産んでください。

また一緒に働けるのをスタッフ一同楽しみにしています。

 

矯正治療における抜歯の考え方

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、矯正治療で行われる抜歯の考え方についてお話しします。

抜かない矯正?

「抜かない矯正治療」「非抜歯矯正の××医院」といった文字を目にすることがあります。

当院でもなるべく多くの歯を残すための歯科治療と、なるべく抜かない矯正治療を目指しておりますが、永久歯列完成後の矯正治療では、歯並びの状態によっては永久歯を抜歯したほうが良い場合があります。

著しいガタガタを改善したいとき、前歯を後ろに下げて出っ歯を解消したいときなど、スペース不足と歯の移動量が大きい場合にスペースを確保する目的で抜歯が必要となります。

抜歯せずに無理やり歯を並べると口が閉じにくくなったり、顎骨から歯がとび出したりする危険もあります。こういった理由から、すべての症例において歯を抜かずに矯正治療を行うことは不可能です。

抜歯する歯は前から4番目か5番目の小臼歯であることが多いです。

実際に抜歯の有無を決めるにあたっては、緻密な分析を行っています。

 抜歯の考え方

矯正治療の治療結果を左右する最も重要なことは、診断治療方針の決定)です。

患者さんの歯並びのどこに問題点があり、原因は何か。最適な歯並び、安定する咬合を作るためにはどの歯をどれくらい動かすべきか。審美性はどれだけ回復するか。

これらを熟慮した先に、抜歯が必要か必要でないかが見えてきます。

写真(顔面、口腔内、矯正用エックス線)と歯列模型を用いて、前歯の位置や角度、上下大臼歯の咬合関係、軟組織と横顔、顎関節の状態などを総合的に分析し治療目標を設定します。

前歯・大臼歯を目標位置へ移動するためには歯列内のスペースが何mm必要かを計算します。Tweedの基準では、4mm以上の場合は抜歯したほうが良く、4mm以下の場合は非抜歯でも可能とされています。

診断と治療方針が適切であれば、つまり抜歯すべき症例は抜歯し残すべき症例は抜かずに目標通りに治療を行えば、審美性と機能、そして長期安定性の面で満足のいく治療結果となります。

もちろん、最終的には患者さんの抜歯したくない、あるいは抜いてほしいという希望も考慮していきますが、初めから抜歯か非抜歯かが決まっている治療では最良の結果を得るのは難しいでしょう。

 

以上、矯正治療における抜歯の考え方についてでした。

矯正治療例-歯周病と顎関節症を伴う叢生

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

許可をいただいた患者さんの治療結果をご紹介します。

症例

32歳の女性。歯のガタガタが気になることと、顎が痛いことを主訴に来院されました。

%e5%9b%b31

年とともにガタガタが大きくなり、噛み合わせが悪くなってきたとのことでした。口を大きく開けることができず、顎が痛い、いわゆる顎関節症の症状がありました。

また全体的に歯周病があり、その影響で多くの歯が前方へ傾いていました。

治療方針

矯正治療を行う前に、まずは顎関節症を落ち着かせ、同時に歯周病の治療を行うことにしました。

半年間、スプリント(顎関節症用のマウスピース)を夜間使用してもらいました。

%e5%9b%b32

また、口腔清掃を1〜2週間に一度行い、歯周病を徹底的に抑えました。

半年後、上下左右の小臼歯を一本ずつ抜歯しマルチブラケットシステムで矯正治療を開始しました。

治療結果

治療期間は2年11か月でした。

%e5%9b%b33

顎関節症の症状は無くなり、開口量が増えました。歯周病も進行することなく、歯肉の引き締まった状態を維持できています。

%e5%9b%b34

歯周病と矯正治療

歯周病が進行すると、骨が吸収して歯がぐらぐらし始め、やがて傾いてきます。

歯周病の歯に矯正力をかけると、歯周病を悪化させてしまいます。矯正治療を始める前に歯周病を治癒しておくことが大事です。

もちろん矯正治療中も歯垢がたまらないようにブラッシングを頑張っていただく必要があります。

顎関節症と矯正治療

顎関節症の原因には色々ありますが、顎関節に大きな負担がかかることにより発症します。今回は歯周病によって臼歯の咬み合わせが乱れてしまったことがその要因となった可能性があります。

顎関節症の治療は、まず顎関節の負担を取り除くように全部の歯が均等に接触するスプリントを使用します。これを数か月間使用すると、顎関節にとって楽な位置へと咬み合わせが変化してきます。

この「顎関節にとって楽な位置で臼歯の咬み合わせを作ること」が顎関節症の治療であり、矯正治療のゴールであると言えます。

 

当院の治療例はホームページ内にも掲載しています。是非ご覧ください。

うえき歯科・矯正歯科   治療例

日本矯正歯科学会認定医

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は日本矯正歯科学会と認定医についてお話ししたいと思います。

日本矯正歯科学会とは

日本矯正歯科学会は、数ある矯正歯科の団体のなかで設立がもっとも古い学会で、会員数も最多の約6,500人です。(こちらの記事もご参照ください 矯正の認定医とは

学術大会は年に一度、3日間にわたって開催されます。多くの講演をはじめ学術展示、症例報告、臨床セミナー、一般の方も参加できる市民公開講座など、内容が非常に充実しています。

認定医制度

日本矯正歯科学会は「矯正歯科医療の水準を維持し向上を図ることによって一般市民の皆さんに適切な医療を提供するため」に認定医制度を設けています(日本矯正歯科学会ホームページより)。

私が受けた当時の認定医審査は、①会員歴5年以上、②教育機関(大学病院など)で指導医のもと3年以上の臨床経験、③筆頭論文1つ以上、④担当医として30症例の症例報告とそのうちの2症例の症例展示、⑤ランダムで選ばれる1症例についての口頭試問 といった審査でした。厳正な審査があり不合格の先生もいたことを覚えています。

また認定医は5年ごとの更新が必要で、学会に参加すること以外に筆頭論文を作成するか、更新用の症例報告と口頭試問をうけることが必要です。認定医を維持するには、知識と技術も更新し続けなければいけないということです。

%e6%97%a5%e7%9f%af%e8%aa%8d%e5%ae%9a%e5%8c%bb

日本で矯正歯科に従事する歯科医師数は約23,000人です(H26年厚労省)。このうち日本矯正歯科学会の認定医は約3,300人であり、矯正治療を行う歯科医師のわずか14%ということになります。

認定医は必要? 

前述しましたように、矯正歯科の分野にはたくさんの団体があり、いくつかの学会でそれぞれ認定医制度を設けています。認定医審査が統一されているほうがわかりやすいのですが、そうではないのが現状です。

こういった背景からも、学会認定医だからといって特に優遇されることはなく、認定医でないと行えない矯正治療というものはありません。

さらに言うと、矯正学会の会員でなくても、あるいは矯正の治療実績が無くても歯医者であれば矯正治療を行えますし「△△矯正歯科」の名前で開業したり診療科目に「矯正歯科」と標榜したりすることもできます。

矯正治療を始める際の参考に

矯正治療をどこで受けるかを決める判断材料には、通いやすさ、医院の雰囲気、治療費、先生との相性など色々あると思います。

日本矯正歯科学会認定医は「矯正治療に関して適切かつ充分な学識と経験を有するものかどうかの指標」(学会ホームページより)ですので、医院を選ぶ際の参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

以上、日本矯正歯科学会とその認定医についてお話ししました。

 

口の二大疾患②歯周病

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

口の二大疾患のうち、今回は歯周病についてお話しします。

歯周病は歯周組織(歯肉、歯槽骨、歯根膜など)に起こる炎症のことで細菌によって引き起こされます。歯槽膿漏とも呼ばれます。

日本人の罹患率は、軽度の歯肉炎を含めると20歳代で約7割、30~50歳代は約8割、60歳代は約9割であり、罹患率の非常に高い生活習慣病の一つです。

歯周病の進行

歯と歯肉の境目にはポケットと呼ばれる隙間があり、健康な歯肉では1〜2mmの深さがあります。ポケット付近に歯垢(プラーク)が残ったままになると、ポケット内で歯周病原菌が増殖し、毒素を出し、歯周組織を破壊してしまいます。

初期の段階では歯肉の出血や腫れ(歯肉炎)が起こります。この程度であればしっかり歯みがきを行えば出血も腫れもおさまります。

歯周病が進行するとポケットが4mm、5mmと深くなり歯肉はブヨブヨと腫れ、歯槽骨が吸収されます。骨が下がることで歯肉も下がり、歯が伸びたように見え、冷たいものがしみたり物を噛むと痛い、歯が動く、膿が溜まるなどの症状が出ることもあります。口臭の原因にもなります。

さらに歯槽骨の吸収が進むと歯が大きく動き、保存不可能になってしまいます。

歯周病を進行させる歯石

歯周病を進めてしまう原因の一つは歯石の沈着です。歯石はプラークが唾液中の無機質と結びついて石灰化したもので、言わば歯周病原菌のかたまりです。一旦歯につくとブラッシングでは簡単に取れません。

外から見える歯石は乳白色をしており、歯肉よりも下にある歯石は血液成分の影響で黒っぽい色をしています。黒い歯石があると歯周病も進んでいる状態です。歯石がポケット内で歯にこびりつき、歯周病原菌が増殖する好条件となり、さらに症状が進行していきます。

痛みが無いまま進行する歯周病

歯周病は痛みや違和感を感じないまま進むことも多く、気が付いたらかなり進行していたということが多い疾患です。

歯がぐらぐらすることが気になり来院され「昔からむし歯は少なく、歯医者なんてほとんど行ったことなかったのに、、、」と言われる患者さんが時々いらっしゃいます。歯科を受診する機会がなかったために歯石を除去されることもなく、気がついたら歯周病が進んでしまっていることが、特に50代以降の方に多いように思われます。

 

歯周病の予防には、むし歯予防と同様に食後のブラッシングが大切ですが、それに加えて歯石を溜めないことが重要です。

痛みが無くても2〜3か月に一度は歯科医院でクリーニングされることをお勧めします。

 

以上、歯周病についてお伝えしました。

むし歯についてはこちらをご覧ください。口の二大疾患①むし歯

口の二大疾患①むし歯

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

むし歯と歯周病は口の二大疾患です。どちらも細菌によって引き起こされる病気です。ほとんどの一般歯科医院で、日々これらの治療と予防処置を行っています。

今回はむし歯の成り立ちについてお話ししたいと思います。

むし歯の成り立ち

むし歯は   歯、むし歯菌、糖質(特に砂糖)の三つが全て揃った時に発生します。

むし歯の原因菌はいくつか挙げられますが、中でも悪名高いのがミュータンス菌です。

ミュータンス菌は砂糖から水に溶けないネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。同時に強い酸によって歯の表面を溶かします。これがむし歯の始まりです。

%e3%82%80%e3%81%97%e6%ad%af

ミュータンス菌の作るネバネバには食物がくっついたり、他の細菌が住み着くことができ、むし歯作りに加わってきます。こうしてできるのが歯垢(プラーク)です。プラークには歯周病原菌も含まれ、歯周病の原因にもなります。

唾液の働き

ミュータンス菌をはじめとするむし歯菌の出す強い酸によって、歯の表面のphが5.5以下になると、エナメル質が溶け始めます。これをまた元の中性に戻そうとしてくれるのが唾液です。

唾液の中にはカルシウムやリン酸などの歯の成分も含まれており、むし歯のごく初期の状態であればまた元に戻してくれます。

普段お口がポカンと開いていたら歯の表面に唾液が行き届かず、歯が白く濁った色(初期むし歯)になってしまいます。出っ歯の方の前歯が白く濁りやすいのはこのためです。

また、唾液は睡眠時には分泌が著しく低下するため、寝る前のブラッシングは徹底して行い、プラークと細菌数を減らしておくことがむし歯予防にはとても大切です。

 

以上、むし歯の成り立ちについて   でした。

関連記事も是非ご覧ください

口の二大疾患(②歯周病)

むし歯の三大要因と予防

 

 

矯正治療例-外傷と叢生

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

許可をいただいた患者さんの治療例をご紹介します。

症例

13歳女性。前歯のならびが気になることを主訴として来院されました。

%e5%9b%b32-2

乳歯の頃に上の前歯をぶつけたことがあり、永久歯が変に生えてきたとのことでした。

口が閉じにくく、閉じるとオトガイ部の緊張が認められました。

レントゲン検査では、下顎がやや下がった状態(アゴの引けた状態)で、前歯は上下とも唇側に傾斜していました。

治療方針と治療結果

上顎第一小臼歯、下顎第二小臼歯を抜歯し、マルチブラケットシステムによる治療を行いました。上顎の抜歯スペースは前歯を歯列内に入れるために使い、下顎は大臼歯の前方移動に利用しました。

治療期間は2年3か月でした。

上の前歯のならびは著しく改善し、歯肉の形もほぼ同じ高さまで回復しました。下顎大臼歯は前方へ移動させ良好なかみ合わせとなりました。

%e5%9b%b31-2

%e5%9b%b33-2

外傷と歯並び

乳歯の外傷によって永久歯が変な位置に生えてきたり、生えないまま顎骨のなかに埋伏したりすることがあります。この患者さんの場合、埋伏することなく歯根の長さも問題なかったので、スペースを確保することによってすぐに良い位置に移動することができました。

もちろん、埋伏歯の場合でも牽引して良い位置に移動することができます。

矯正治療による下顎の移動

下顎にはガタガタは無かったのですが、小臼歯を抜歯して大臼歯の前方移動を行いました。このことにより、臼歯のかみ合わせを良くすると同時に、写真だけでは分かりにくいですが下顎骨を前上方に回転させ、アゴの引けた感じを改善させることができました。

矯正治療では臼歯の移動により下顎の位置を回転させ、顔の輪郭も数ミリ程度変化させることができます。

 

当院の治療例はホームページ内にも掲載しています。是非ご覧ください。

うえき歯科・矯正歯科 治療例