アクチベーター

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は機能的矯正装置のアクチベーターについてご紹介します。

機能的矯正装置とは

機能的矯正装置は主に成長期の患者さんに使用する装置です。

咬み合わせや口腔周囲筋の機能環境を整えることで顎の成長をコントロールし、より自然な成長に近づける矯正装置です。

機能的矯正装置の多くは取り外し式(可撤式)であり、原則として夜間のみ使用します。

アクチベーターの適応症と効果

img_2766

アクチベーターは機能的矯正装置の代表的なものの1つです。レジン(プラスチック)と金属の誘導線からできており、患者さんの歯型から作成する取り外し式の装置です。

上顎前突、過蓋咬合、交差咬合など多くの不正咬合で用いられますが、特に下顎の成長が小さい上顎前突やかみ合わせの深い過蓋咬合には大きな治療効果が期待できます。

使用できる時期は、下顎前歯が永久歯になるころ(7~8歳)から、永久歯列完成まで(11~13歳)の混合歯列期です。夜間寝るときに装着して使用します。

 

効果としては、①下顎の成長を促進する ②上顎前歯の舌側への傾斜と空隙閉鎖 ③前歯のかみ合わせを浅くする ④歯列幅径の拡大 といった多様な効果があります。

装置の調整は、1~2か月に一度の頻度でレジン部を削ったり誘導線を調整したりします。

 

お子様自身でも着脱可能であり、痛みや違和感も少ない装置です。

アクチベーターを用いた治療例もご覧ください。治療例-成長期の上顎前突

矯正装置の種類(永久歯列)

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、永久歯の矯正治療で用いる矯正装置の種類についてご紹介したいと思います。

矯正装置の種類

永久歯の矯正治療では主に3種類の装置から選んで使用します。

①表側のブラケット(プラスチック、セラミック)

②裏側のブラケット(リンガルブラケット)

③マウスピース矯正

歯の一本一本につける矯正装置をブラケットといいます。

歯の表側につけるブラケットはプラスチックかセラミックのどちらかを選んでいただけます。

img_2714

写真では、上の歯に セラミックブラケットとホワイトワイヤー、

下の歯に プラスチックブラケットと金属ワイヤーがついています。

 

表側のブラケット以外では、裏側につけるリンガルブラケット(舌側矯正)、あるいはブラケットを使わないマウスピース矯正も選択できます。

それぞれの特徴についてみていきましょう。

プラスチックブラケット

プラスチックブラケットには、ワイヤーが通る「スロット」と呼ばれる溝の部分に金属が使われています。スロットがプラスチックだと、ワイヤーとの摩擦が生じ、ワイヤーのすべりが悪くなって歯の動きが妨げられるためです。

プラスチックは透明性があり歯の色を通すのですが、スロットが金属であるため多少目立つかもしれません。

また、大臼歯の移動には他の歯よりも大きな力が必要なため、大臼歯部にはそれに耐えうる金属ブラケットを使用します。

セラミックブラケット

セラミックブラケットはスロットも全てセラミックです。ワイヤーのすべりを良くするためにスロットには特殊な加工がなされています。

ブラケットと歯の色がフィットしていれば一目見ただけでは分からないくらい目立たない装置です。当院では乳白色、濃白色、淡い茶色から歯に近い色を選んでいただけます。

プラスチックの場合と同様、大臼歯部には金属ブラケットを使用します。

 

プラスチックとセラミックの違いは、見た目の違いだけであり、どちらのほうが歯が動きやすいとか違和感が少ないといった、治療の進めやすさにおける違いはありません。

リンガルブラケット

リンガルブラケットの最大の特徴は、歯の裏側につけるため他人から全く見えないことです。上だけ裏側につけるハーフリンガルも可能です。

img_2530

詳しい特徴についてはこちらをご覧下さい。

裏側矯正(舌側矯正)の特徴

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、歯型から作ったマウスピースを装着することで少しずつ歯を動かす治療です。

img_2720

歯の動きに伴い、数種類〜数十種類のマウスピースを、1〜2週間単位で取り換えていきます。基本的に、食事以外の時間は常に装着していただきます。

歯ならびの状態によってはマウスピース矯正では治療が難しい場合があります。

 

以上のことを参考にされ、当院に来院の際には各装置をぜひ手に取って見て、どの装置にするかを考えていただければと思います。

矯正装置の種類についてお話ししました。

歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞との関係についてお話ししたいと思います。

狭心症・心筋梗塞・脳梗塞とは

狭心症は、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす病気です。心臓の冠動脈の内壁が狭くなることによって動脈硬化が起こり、心筋に十分な血流・酸素が送られなくなります。

動脈硬化によって狭心症が進むと、心筋細胞は壊死し心筋梗塞へと進展します。心筋梗塞は激しい痛みや心臓の停止を起こすことがあります。

同様の血管狭窄が脳の血管で起こるのが脳梗塞です。脳の血管が詰まったり、頸動脈や心臓からの血の塊や脂肪性沈着物が脳血管で詰まる病気です。

いずれの疾患も命に関わる重篤な病気です。これらの疾患の原因となる動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因とされていましたが、歯周病原菌も関与していることが明らかになってきました。

歯周病原菌と動脈硬化

口の中の歯周病原菌やその病原因子などは、口の中の毛細血管から血管内に入り込み、動脈硬化を促進させるように作用すると考えられています。

(作用機序については諸説あり①血管内壁に直接作用する②血栓を作る③免疫を乱す   など)

実際に動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)を起こした人のうち、中程度以上の歯周病(歯周ポケット4mm以上)の人では、約3割の人の冠動脈内壁から歯周病原菌が見つかっています。

 

現在、歯周病原菌が動脈硬化を発生させるとまでは考えられていませんが、動脈硬化を進行させる要因となることは示されています。

重度の歯周病の人はそうでない人の約1.6倍心筋梗塞になりやすく2.8倍脳梗塞になりやすいと言われています。

歯周病は放っておかずにしっかりと治療を行いましょう。

歯周病と全身疾患の関係については以下をご覧ください。

歯周病と全身疾患

歯周病と糖尿病

 

歯周病と全身疾患

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

近年の研究で、歯周病は様々な全身疾患と関わりがあることが明らかになってきています。

今回は、歯周病が全身に及ぼす影響と、歯周病を悪化させる因子について挙げたいと思います。

p

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病は狭心症心筋梗塞脳梗塞といった動脈硬化が原因となる病気や、心内膜炎糖尿病関節炎・腎炎誤嚥性肺炎早産・低体重児出産などの病気を引き起こすと言われています。

歯周病を悪化させる因子として、糖尿病骨粗鬆症などがあります。歯周病と糖尿病は相互に悪影響を及ぼすことがわかってきました。

喫煙肥満といった生活習慣も歯周病を悪化させる要因となります。

 

それぞれの疾患については以下をご覧下さい。

歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞

歯周病と糖尿病

 

 

 

日本矯正歯科学会大会(徳島)

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今日は日本矯正歯科学会大会の最終日に参加してきました。

img_5607

臨床セミナーでは、様々な手法でのアプローチと術後安定性についての考察を聴き、

症例展示では、重鎮の先生方の症例を見ることができ、学びの多い一日になりました。

また、歯科材料を扱う商社の展示や、大学院時代の同期や先輩後輩との情報交換も非常に有意義でした。

明日からの診療に役立てたいと思います。

矯正治療例-成長期の上顎前突

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

許可をいただいた患者さんの治療例をご紹介します。

症例

11歳男子。上の前歯が出ていることを主訴に来院されました。

乳歯は全て永久歯に生え変わっていました。かみ合わせが深く、咬み合わせたときに下の前歯は上の歯ぐきに当たっていました。

レントゲン検査の結果、上顎骨の位置と大きさは標準的でした。下顎骨はやや小さく、後方に位置しており、顎が引けている状態でした。

 c41

c42  

 

治療方針と治療結果

まだ成長期のピークを迎えておらず、下顎骨の前方への成長が見込まれることから、取り外しの装置(機能的矯正装置;アクチベーター)によって下顎骨の成長促進を行うと同時に、かみ合わせを浅くすることにしました。

装置は夜間のみ使用してもらいました。治療期間は一年半でした。

c43

かみ合わせは浅くなり、深く噛み込んでいた下顎前歯は標準的な位置へと改善しました。

下顎骨が成長したことによって出っ歯は改善され、良好な横顔になりました。

本人、ご両親とも仕上げのブラケット治療は希望されず、取り外しの装置だけで矯正治療を終了しました。

c44

c45

深いかみ合わせの弊害

下顎骨の成長する時期は、身長が大きく伸びる時期とリンクしており、だいたい11歳から14歳頃に大きく成長します。

この時期に、かみ合わせが深いことなどにより顎の動きが抑制されると、下顎骨の成長が阻害され十分な成長が遂げられなくなってしまうことがあります。

この患者さんでは臼歯を伸ばす(挺出させる)ことによって前歯のかみ合わせを浅くし、下顎骨を本来成長するべき位置まで前方誘導することができました。

かみ合わせが深い成長期の上顎前突症例には、機能的矯正装置が有効です。

 

当院の治療例はホームページ内にも掲載しています。是非ご覧ください。

うえき歯科・矯正歯科 治療例