平行模型

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、矯正治療の際に作成する平行模型についてご紹介します。

平行模型

矯正治療を始める際には歯型を取り、模型を作成します。

模型は患者さんの口の中の実寸大の記録であり、あらゆる方向からの観察が可能です。

視診だけでは得られない詳細な情報が把握できるため、診断用の資料として必須です。

 

平行模型は、模型の上下基底面と歯列の咬む面を結んだ平面(咬合平面)が平行となるように作った模型です。

模型を観察することで以下のことがわかります。

・歯の数、交換状態

・歯の形、摩耗の程度

・歯の植立状態、位置異常

・口蓋の形態、舌小帯、唇小帯、頬小帯の付着状態

・歯列弓の形態と左右対称性

・上下顎の咬合状態、前歯、犬歯、臼歯関係

・上下正中の一致

 

さらに個々の歯や歯列を計測し、より詳細な模型分析を行います。

 

平行模型についてご紹介しました。

 

 

 

 

 

矯正治療を始める際の検査

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は矯正治療をはじめる際の検査とその内容についてについてお話ししたいと思います。

 

問診・視診

歯並びがいつ頃から気になり始めたのか、またどんどん悪くなっているかなど、今の状態に至る経緯についてお聞きするとともに、歯列不正の原因となる習癖の有無や家族歴について確認します。

視診では、歯や顎骨と軟組織の状態を精査します。

口腔内写真・顔面写真

口の中の写真を正面、両側面、上下咬合面からそれぞれ撮影します。治療を通じて撮影し、その変化を記録として残していきます。

顔面写真は正面、側面とスマイル時を撮影し、左右対称性や軟組織の分析を行います。

レントゲン写真

側面規格写真では頭部に対する上顎骨下顎骨の大きさとバランスや前歯の角度など、正面規格写真では顎骨の左右対称性と歯列拡大量の分析を行います。

パノラマ写真ではむし歯や歯周病の確認と、歯根の状態などを調べます。

歯型の採取

歯の模型を作製するために、歯型を採取します。

軟らかい印象材を口の中に入れ、硬化したら取り出します。

その他

必要に応じてCT、MRI、顎機能検査等を行う場合があります。

 

通常行う検査は、所要時間としては30分ほどです。

これらの検査を基に診断を行い治療方針をたてます。

以上、矯正治療を始める際の検査についてお話ししました。

歯周病と心内膜炎

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯周病と心内膜炎についてお話ししたいと思います。

歯周病と心内膜炎

 

口の中には毛細血管が豊富にあり、むし歯菌や歯周病原菌もたくさん存在します。

免疫が正常な健常者であれば、口の中の切り傷や抜歯を行った際、あるいは歯周病などで菌が一時的に血管内に入っても、すぐに自身の免疫が細菌を排除するために大きな問題とはなりません。

しかし、免疫不全や心臓に病気を持つ方では、本来無菌状態であるはずの血液中に細菌が入り込み(菌血症)、血液によって全身に細菌が運ばれ、そのまま治療せずに放置すると感染性心内膜炎や細菌性髄膜炎など重症の感染症となることがあります。

心内膜炎患者の患部から口腔内常在菌が検出されていることからも、心内膜炎と歯周病とは深い関わりがあると言われています。

高齢者など免疫の低下している方では、特に口の中を清潔に保ち、歯周病を進行させないことが重要であるといえます。

 

歯周病と心内膜炎についてお伝えしました。

歯周病と全身疾患の関係については以下をご覧ください。

歯周病と全身疾患

歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞

歯周病と糖尿病

 

矯正治療中の転院について

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は矯正治療中の転院についてお話ししたいと思います。

3月になると新学期、新年度を迎えるにあたり、転院される方あるいは転院して来られる方が時々おられます。

転居などによる転院は可能

歯の矯正は治療期間が比較的長い治療であることから、治療中に進学や転勤などで通院が難しくなることがあります。

そういった場合、転居先近くの歯科医院で矯正治療を継続することは可能です。

転院するときには、紹介状とともに矯正治療開始時の検査結果や歯型、治療方針、これまでの治療経過などを転院資料として、次の歯科医院に引き継ぐのが一般的です。

新たにかかる歯科医院は、患者さんが決められても良いですし、当院では知り合いの先生、あるいは認定医の先生をご紹介することもあります。

転院はなるべく避けたい

矯正治療では、できれば同じ先生に最後まで治療してもらうことが理想です。

治療方針や治療法が先生によって違っていたり、転院先で治療費が余分に発生したりするからです。

また、転居先の周囲に矯正歯科を得意とする先生がおられない場合には、遠方まで通わなければならなくなる可能性があります。

治療開始時に転居の可能性を伝えましょう

お子様の場合は、歯並びによっては治療に最適な時期が限られていることもありますし、転居の可能性を考えて一年二年と治療開始を遅らせることはあまり望ましいことではありません。

矯正治療を開始する際に転居の可能性があることを伝え、その際には治療費がどうなるのか、紹介状や転医資料を準備してもらえるか、また転医先の矯正歯科を紹介してもらえるかなどを確認しておくのが良いでしょう。

 

以上、矯正治療中の転院についてお伝えしました。