歯ならびと指しゃぶり

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯ならびと指しゃぶりについてお話ししたいと思います。

歯の位置と軟組織

歯の位置は舌、口唇、頬などの軟組織(=口の周りの筋肉)に大きく影響を受けます。

具体的に言うと、舌が口の中から外に押す力と、口唇や頬がそれを受け止める力の、バランスが取れた位置に歯が並びます。

しかし、指しゃぶりがあるとそのバランスが保てず歯が前に出てきてしまいます。

親指しゃぶりが強い場合には上顎骨そのものが前に押され側方歯部は頬筋で圧迫されV字型の歯列になります。

こうなると歯だけではなく骨格そのものが出っ歯(骨格性上顎前突)となり永久歯列にも影響します。

また、奥歯が咬んでいるのに前歯が咬んでいない状態(開咬;かいこう)になることも多く、くわえる指によって反対咬合あるいは顎が横にずれる交叉咬合になることもあります。

指しゃぶりをやめる時期

歯ならびへの影響を防ぐには原因となる指しゃぶりをやめることができればよいのですが、乳幼児期の指しゃぶりはこころと行動の発達に深く関係しており、無理にやめさせようとすると別の癖が現れることがあります。

3~4歳になると周囲の子と接する機会も増え、しない子を見て自然とやめることが多いですが、4歳を過ぎても強い指しゃぶりがある場合はやめる方向に導いてあげることも必要になってきます。

5歳ころまでに指しゃぶりがなくなれば、歯ならびに大きく影響することはないでしょう。

他に歯ならびに影響を及ぼす習癖として、咬唇癖、弄舌癖、咬爪癖などがあります。

 

歯ならびと指しゃぶりについてお話ししました。

中・四国矯正歯科学会に参加しました

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

7月16・17日に開催された中・四国矯正歯科学会に参加しました。

FullSizeR

口腔筋機能訓練の重要性について、改めて考える良い機会となりました。

また、新しい矯正機材を手に取り、その良さを確認することもできました。

今回得られた学びと情報を、日々の診療に還元したいと思います。

 

歯ならびとスポーツ

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯ならびとスポーツについてお話ししたいと思います。

スポーツマンは歯が命

「歯を矯正したらスポーツの成績が良くなるでしょうか?」という質問を受けることがあります。

歯ならび、特に奥歯の咬み合わせが安定していると身体能力が発揮されやすくなるといわれています。

矯正治療では前歯の見た目だけでなく、奥歯の咬み合わせも整えることができます。

 

適正な奥歯の咬み合わせは筋力アップ、重心の安定化、スポーツパフォーマンスの向上などの効果が得られるということが日本スポーツ歯学会などでも報告されています。

球技においては素早く動きながら敵・味方・ボールの位置を正確に把握しなければなりません。

スキーや体操では高度なバランス感覚が要求されます。

咬み合わせが安定することで頭部が固定されると、これらの目から入る情報を動作に正しく反映させることが可能になると言われています。

多くのトップアスリートがマウスピースを使用することで奥歯の咬み合わせを一時的に安定させ、集中力とパフォーマンスを向上させています。

 

ただし、咬み合わせと脳との繋がりの因果関係は科学的な根拠には乏しく、まだ十分に解明されていないのが現状です。

今後の研究に注目したいと思います。

 

以上、歯ならびとスポーツについてお話ししました。

 

 

 

舌側矯正治療例-楽器演奏者

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

許可をいただいた患者さんの治療例をご紹介します。

症例

12歳女子。前歯の並びを主訴に来院されました。

06-1

レントゲン検査の所見では、下顎骨がやや小さく、前歯の唇側傾斜が認められました。

治療方針と治療結果

上下左右の第一小臼歯の抜歯を伴うマルチブラケットシステムによる治療を行うことになりました。

患者さんは吹奏楽部でクラリネットを演奏しており、下顎の表にブラケットをつけると音を出すのが難しくなるかもしれないとのことだったので、下顎前歯部は舌側矯正(裏側矯正)を行うことにしました。

06-2

 

06-3

治療期間は1年10か月でした。

吹奏楽と矯正装置

クラリネットやサックスなどの木管楽器は、楽器のマウスピースを口にくわえる際に下口唇を内側に巻き込むため、下顎表側のブラケットが邪魔になることがあります。

また、トランペットやホルンなどの金管楽器では、マウスピースを唇に押し当てるため、上下ともに表の装置では音が出にくいことがあります。

 

吹奏楽をされる方は、舌側矯正(裏側矯正)を検討されてみてはいかがでしょうか。楽器の音色も美しく変わるかもしれません。

 

関連記事も是非ご一読ください。

裏側矯正(舌側矯正)の特徴

裏側矯正(舌側矯正)の歴史と進化

裏側矯正(舌側矯正)の技工

当院の治療例はホームページ内にも掲載しています。

矯正治療例 舌側矯正