幼児期のマウスピース

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は幼児期のマウスピースについてお話ししたいと思います。

マウスピースで頭が良くなり運動神経もよくなる!?

 

先日、4歳のお子さんの矯正相談を受けました

他院で

「幼児のうちにマウスピース矯正をすることで、運動神経も良くなり成績も上がるから、ぜひやりましょう。今日申し込めばキャンペーン価格で行えます。」

 

と、上下一体型の柔らかい素材のマウスピースをすすめられたそうです。

お口の中を診たところ、永久歯のためのスペースがやや少なかったものの、歯列や咬み合わせの不正はなかったので、ご自身の成長でまだこれから顎が大きくなるので様子を見ましょうと伝えました。

 

マウスピースを販売している業者に、幼少期にマウスピース矯正をすることで運動神経も良くなり成績も上がるというエビデンス(証拠)や論文があるのか を尋ねたところ、

「そういったものはありません。咬み合わせを改善することで運よく良い効果があるといいな、くらいの認識が良いと思います。」

とのことでした。

 

幼少期のマウスピース矯正は、歯並びの状態によっては意義のある治療ですが、骨格や歯列改善以外のところに過度な期待はしないほうが良いと思います。

また、幼少期の歯列矯正を行うべきなのはどのような状態かを知ること、また、適切に対応できる歯科医院にかかることも重要なことであると思います。

幼児期のマウスピースについてお話ししました。

 

乳歯の早期治療についての以前の記事です。

乳歯の早期治療

小児矯正についてのご相談②

 

日本矯正歯科学会に参加しました

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

先日、パシフィコ横浜(横浜市)で行われた、日本矯正歯科学会学術大会に参加してきました。

矯正歯科治療の歴史と発展・今後の展望について、復習も兼ねて学びの多い二日間でした。

裏側矯正(舌側矯正)、マウスピース矯正についても多くの情報を得られました。

今後の治療に役立てたいと思います。