矯正治療例-下顎前突(混合歯列期)

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

許可をいただいた患者さんの治療例をご紹介します。

症例

6歳女児。受け口を主訴として来院されました。

07-1

右側の乳犬歯から左側の第二乳臼歯にかけて反対咬合を呈していました。

検査の結果、上顎の歯列は横幅が狭く、上顎骨は頭の位置に対して後方に位置していました。

治療方針と治療結果

まず、全体のむし歯の治療を行いながら、上顎に夜間のみ拡大プレートを使用しました。

上下歯列の幅がある程度そろったのち、上顎にフック付きリンガルアーチを装着し、夜間のみ上顎前方牽引装置を使用しました。

07-2

拡大プレートは8か月、上顎前方牽引装置は11か月使用しました。

側方歯は交換中ですが、前歯部の咬み合わせは正常咬合となり、横顔も改善しました。

07-3

07-4

顎の成長と下顎前突の治療時期

顎の成長ピークの時期は、上下顎骨で異なります。

上顎骨は頭部に近いことから、小学校低学年(6~8歳)にはすでに成人の70%ほどに成長します。 

一方、下顎骨は身長が伸びる時期(おおよそ12歳ころ)に大きく成長します。

上顎骨が大きく成長するはずの時期に反対咬合があると、前方への成長が抑制されてしまう可能性があります。そうなると、下顎骨が成長する時期には反対咬合の度合いが大きくなってしまいます。

 

上顎骨の成長が終了した後の下顎前突治療には外科矯正も選択肢に入ってきます。

今回のように早期に治療を開始し上下顎骨のより自然な成長を促すことができれば、短期間で十分な治療効果が得られる可能性が高くなります。

 

 

当院の治療例はホームページ内にも掲載しています。是非ご覧ください。

うえき歯科・矯正歯科 治療例

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です