歯ならびと異常嚥下癖

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯ならびと異常嚥下(えんげ)癖についてお話ししたいと思います。

幼児型嚥下と正常な嚥下

食べ物や飲み物を飲み込むとき、歯のない乳児は上下の歯ぐきの間にした先を入れることでうまく母乳や食べ物を飲み込みます(幼児型嚥下)。

歯が生え、口の周りの筋肉が発達するにつれて、舌先を上あご(上顎前歯のすぐ後ろ)に押し当てる正常な嚥下を習得していきます。

正常な嚥下は幼少期における上顎の成長を助けています。

しかし、異常嚥下癖の患者さんは乳歯が生えそろっても幼児型嚥下が続いている状態で、飲み込むたびにした先が上下の歯に接触して歯や下顎を先方へ押してしまい、このことが原因で反対咬合や開咬となることがあります。

異常嚥下癖の治療

治療は筋機能訓練によって口の周りの筋肉(舌、口唇など)がバランスよく機能するように鍛えたり、夜間のみのマウスピースで舌の位置を矯正したりします。

筋機能訓練だけで歯ならびも改善できることがあります。

以上、歯ならびと異常嚥下癖についてお話ししました。

 

関連記事も是非ご一読ください。

口腔筋機能療法(MFT)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です