喫煙が子供の口に及ぼす影響

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は喫煙が子供の歯肉に及ぼす影響についてお話ししたいと思います。

受動喫煙と歯肉の変色

喫煙は癌・心臓病・脳卒中・呼吸器疾患などの多くの病気の原因であることはよく知られています。

たばこの煙の入口である口の中、特に歯肉を含めた歯周組織は、直接その影響を受けます。

その影響はたばこを吸う本人だけでなく、受動喫煙となる子供も歯周病リスクが高くなります。

また、受動喫煙は子供の歯肉メラニン色素沈着(歯肉の色が黒ずんでしまう)のリスクを5倍にするという研究報告もあります。

 

喫煙は自己責任ではありますが、家族や周りの人に及ぼす影響についても十分な理解が必要です。

喫煙が子供の口の中に及ぼす影響についてお話ししました。

関連記事も是非ご覧ください。

歯周病と喫煙

歯周病と喫煙

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯周病と喫煙についてお話ししたいと思います。

たばこの影響

たばこを吸うと、歯肉の毛細血管が収縮し、歯周病であっても歯肉の腫れや出血が少なくなり、気づきにくくなります。

これはたばこに含まれる一酸化炭素やニコチンによる影響です。

一酸化炭素は組織への酸素供給を妨げ、ニコチンは血管を収縮させ酸欠・栄養不足にするだけでなく、免疫機能を狂わせてしまいます。

血管が収縮すると、血液内の免疫細胞が炎症部位に届きにくくなり、組織を作る細胞の働きまで抑えられ、歯周病が治りにくくなるのです。

また、「ヤニ」という形で歯の表面に残り、歯がざらざらして不潔になるのはもちろん、いつまでも口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになります。

喫煙は糖尿病と並び、歯周病の二大因子と言われます。

喫煙者の方は歯周病が重篤になる前に、定期検診によって炎症の有無や進行状態を確認しましょう。

 

以上、歯周病と喫煙についてお話ししました。

歯周病と全身疾患については以下をご覧ください。

歯周病と全身疾患

歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞 

歯周病と糖尿病

歯周病と心内膜炎

歯みがきについて

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。今回は歯みがきについてお話ししたいと思います。

「歯みがきはいつ、どのくらいの頻度と時間でやればいいの?」

というご質問を受けることがあります。

歯みがきの仕方は、お口の状態によってそれぞれで、むし歯も歯肉炎も無い人、重度の歯周病の人、矯正治療中で歯に装置が付いている人では、歯みがきの注意点も異なります。

今回は、歯肉が健康な人が行う歯みがきについてお話しします。

3つの3

小学校などで歯磨き指導をする際には、覚えやすいように3つの3と紹介しています。

一日に3回、食べたら3分以内に、

3分かけてみがく。

 

食事ごとに行うのが理想的です。

食後は細菌が活動し始めますので、早めに細菌と歯垢を取り除くのが良いです。

健康な歯肉であればしっかり3分みがけば充分です。

 

前述したように、口の中の状態によって理想的な歯みがきが異なったり、また歯科医の先生によってもアドバイスが異なることもあります。

歯肉の状態が気になる方は、個別にアドバイスを聞かれてみるのが良いと思います。

 

以上、歯みがきについてお話ししました。

 

 

歯科衛生士を増員しました

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

4月より、新たに歯科衛生士を増員しました。

歯科衛生士のスキルアップと知識向上によって、患者さんのお口の健康増進に益々努めてまいります。

また、患者さんの診療予約を取りやすくし、お待ちいただく時間も少なくできることと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

小児矯正についてのご相談②

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

前回に引き続き、乳歯列期から混合歯列期に行う小児矯正についてお話ししたいと思います。

最近、当院では

「かかりつけの歯科医院で永久歯のスペースが少ないのでマウスピース矯正を強く勧められた」

「乳歯のマウスピース矯正で全て解決できると言われた」

といったご相談を受けることが多くあります。

小児矯正で用いるマウスピースとは

小児矯正に用いるマウスピースは、基本的に夜間睡眠時に使用します。

歯科医によっても呼び方が異なりますが、いわゆるマウスピースと呼ぶ小児矯正装置には以下のものがあります。

上下の歯列を覆うマウスピース

拡大ネジを埋め込んだプレート

①は、口腔周囲の筋肉の機能を訓練するもので、乳歯列期ではシリコン製の既製品を使います。

メーカーは「永久歯の治療をスムーズに行うために用いる」としています。

永久歯の歯並びが保証されるものではないことを知っておきましょう。

②は、顎の横幅を広げる拡大プレートです。

奥歯の交差咬合(上下のかみ合わせが逆転)の場合にのみ乳歯列でも拡大プレートを使用しますが、基本的には永久前歯が生え始める7〜8歳頃から始めます。

永久歯が生え始める頃には、自身の顎の成長によって顎は大きくなるため、装置の効果なのか患者さんの顎の成長なのかが非常に分かりにくく、拡大プレートを使ってもあまり意味がないことがあります。

小児歯科での矯正?

「既製品の装置を用いる治療が治療費50万円弱と言われた」

といったご相談も受けました。

矯正治療は自費診療であり、料金の設定は自由ですので、設定自体に問題はありません。しかし、しっかり装置を使ったのにもかかわらず、説明された治療結果にならない場合には問題です。

 

一方で、他院で小児矯正を勧められたけれど、当院では積極的な矯正治療は行わず経過を観察し、良好な永久歯列になった患者さんもおられます。

早期に治療を始めたために治療期間と治療費が膨らんでしまった、とならないようにするためにも、永久歯の歯並びまで見据えた治療を行う歯科医院にかかることが重要だと思います。

かかりつけの意見だけではなく、日本矯正歯科学会認定医の意見も参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

以上、小児矯正についてのご相談②でした。

関連記事と日本矯正歯科学会HPについても是非ご一読ください。

小児矯正についてのご相談①

乳歯の早期治療

日本矯正歯科学会認定医

日本矯正歯科学会HP

小児矯正についてのご相談①

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、乳歯列期から混合歯列期に行う小児矯正についてお話ししたいと思います。

小児矯正についてのご相談

春休みということもあり、入学あるいは学年の上がるタイミングでお子様の矯正治療を考えて相談に来られる患者さんが増えています。

「かかりつけで指摘された」「永久歯が斜めに生えてきた」など、来院されるきっかけは様々ですが、矯正治療の開始は早ければ早い方がよいというわけではありません。

顎の成長や歯の交換の程度に合わせ、最も効果的な時期を見極めて治療を行うことが、治療期間の短縮や治療費を抑えることにもつながります。

最近、当院に来られる患者さんで多いのが

「まだ乳歯だが早く矯正を始めないととんでもないことになると言われた」

「マウスピース矯正で全て解決できると言われた」

「永久歯のスペースが少ないのでマウスピース矯正を強く勧められた」

といったご相談です。

治療開始の時期

「まだ乳歯だが早く矯正を始めないととんでもないことになると言われた」

については、全くそのようなことはありません。

6歳ころから永久歯が生え始めますが、下の前歯が生えそろう頃まで待っても全然問題ありません。

当ブログでも以前記事にしましたが、乳歯の時期から治療を考えたほうが良い歯並びは限られており、もちろん無理に行わずに永久歯が生え始めてからでも遅くはありません。

以前の記事をご参考ください(乳歯の早期治療について)。

マウスピース矯正については小児矯正についてのご相談②をご一読ください。

平行模型

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は、矯正治療の際に作成する平行模型についてご紹介します。

平行模型

矯正治療を始める際には歯型を取り、模型を作成します。

模型は患者さんの口の中の実寸大の記録であり、あらゆる方向からの観察が可能です。

視診だけでは得られない詳細な情報が把握できるため、診断用の資料として必須です。

 

平行模型は、模型の上下基底面と歯列の咬む面を結んだ平面(咬合平面)が平行となるように作った模型です。

模型を観察することで以下のことがわかります。

・歯の数、交換状態

・歯の形、摩耗の程度

・歯の植立状態、位置異常

・口蓋の形態、舌小帯、唇小帯、頬小帯の付着状態

・歯列弓の形態と左右対称性

・上下顎の咬合状態、前歯、犬歯、臼歯関係

・上下正中の一致

 

さらに個々の歯や歯列を計測し、より詳細な模型分析を行います。

 

平行模型についてご紹介しました。

 

 

 

 

 

矯正治療を始める際の検査

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は矯正治療をはじめる際の検査とその内容についてについてお話ししたいと思います。

 

問診・視診

歯並びがいつ頃から気になり始めたのか、またどんどん悪くなっているかなど、今の状態に至る経緯についてお聞きするとともに、歯列不正の原因となる習癖の有無や家族歴について確認します。

視診では、歯や顎骨と軟組織の状態を精査します。

口腔内写真・顔面写真

口の中の写真を正面、両側面、上下咬合面からそれぞれ撮影します。治療を通じて撮影し、その変化を記録として残していきます。

顔面写真は正面、側面とスマイル時を撮影し、左右対称性や軟組織の分析を行います。

レントゲン写真

側面規格写真では頭部に対する上顎骨下顎骨の大きさとバランスや前歯の角度など、正面規格写真では顎骨の左右対称性と歯列拡大量の分析を行います。

パノラマ写真ではむし歯や歯周病の確認と、歯根の状態などを調べます。

歯型の採取

歯の模型を作製するために、歯型を採取します。

軟らかい印象材を口の中に入れ、硬化したら取り出します。

その他

必要に応じてCT、MRI、顎機能検査等を行う場合があります。

 

通常行う検査は、所要時間としては30分ほどです。

これらの検査を基に診断を行い治療方針をたてます。

以上、矯正治療を始める際の検査についてお話ししました。

歯周病と心内膜炎

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は歯周病と心内膜炎についてお話ししたいと思います。

歯周病と心内膜炎

 

口の中には毛細血管が豊富にあり、むし歯菌や歯周病原菌もたくさん存在します。

免疫が正常な健常者であれば、口の中の切り傷や抜歯を行った際、あるいは歯周病などで菌が一時的に血管内に入っても、すぐに自身の免疫が細菌を排除するために大きな問題とはなりません。

しかし、免疫不全や心臓に病気を持つ方では、本来無菌状態であるはずの血液中に細菌が入り込み(菌血症)、血液によって全身に細菌が運ばれ、そのまま治療せずに放置すると感染性心内膜炎や細菌性髄膜炎など重症の感染症となることがあります。

心内膜炎患者の患部から口腔内常在菌が検出されていることからも、心内膜炎と歯周病とは深い関わりがあると言われています。

高齢者など免疫の低下している方では、特に口の中を清潔に保ち、歯周病を進行させないことが重要であるといえます。

 

歯周病と心内膜炎についてお伝えしました。

歯周病と全身疾患の関係については以下をご覧ください。

歯周病と全身疾患

歯周病と狭心症・心筋梗塞・脳梗塞

歯周病と糖尿病

 

矯正治療中の転院について

岡山市のうえき歯科・矯正歯科です。

今回は矯正治療中の転院についてお話ししたいと思います。

3月になると新学期、新年度を迎えるにあたり、転院される方あるいは転院して来られる方が時々おられます。

転居などによる転院は可能

歯の矯正は治療期間が比較的長い治療であることから、治療中に進学や転勤などで通院が難しくなることがあります。

そういった場合、転居先近くの歯科医院で矯正治療を継続することは可能です。

転院するときには、紹介状とともに矯正治療開始時の検査結果や歯型、治療方針、これまでの治療経過などを転院資料として、次の歯科医院に引き継ぐのが一般的です。

新たにかかる歯科医院は、患者さんが決められても良いですし、当院では知り合いの先生、あるいは認定医の先生をご紹介することもあります。

転院はなるべく避けたい

矯正治療では、できれば同じ先生に最後まで治療してもらうことが理想です。

治療方針や治療法が先生によって違っていたり、転院先で治療費が余分に発生したりするからです。

また、転居先の周囲に矯正歯科を得意とする先生がおられない場合には、遠方まで通わなければならなくなる可能性があります。

治療開始時に転居の可能性を伝えましょう

お子様の場合は、歯並びによっては治療に最適な時期が限られていることもありますし、転居の可能性を考えて一年二年と治療開始を遅らせることはあまり望ましいことではありません。

矯正治療を開始する際に転居の可能性があることを伝え、その際には治療費がどうなるのか、紹介状や転医資料を準備してもらえるか、また転医先の矯正歯科を紹介してもらえるかなどを確認しておくのが良いでしょう。

 

以上、矯正治療中の転院についてお伝えしました。