歯並びのタイプと治療例
歯並びのタイプと治療例

開咬

開咬(前歯でかみ切れない)

開咬
(前歯でかみ切れない)

奥歯で咬んだときに前歯が咬んでおらず、前歯で物が噛み切れない状態です。指しゃぶりなどの習癖や舌の位置異常(低位舌)が原因となることがあります。

放置すると…

  • 舌や下口唇を使って食べ物をかみ切らなければならず、咀嚼効率が低下します。
  • 発音時に舌足らずの発音になることがあります。

開咬の治療例

EXAMPLE OF TREATMENT

症例6-1

主訴 前歯で食べ物を噛み切れない
年齢性別 21歳女性
診断 開咬を伴うアングルⅠ級歯性上下顎前突
治療法 上下左右第一小臼歯抜歯によるマルチブラケットシステム
装置 リンガルブラケット、矯正用アンカースクリュー
治療期間 2年6か月
費用 111,000円
+調節料(5,500円×28回)

*治療上のリスクとして歯根吸収、歯肉退縮、むし歯、歯肉炎、口腔粘膜の傷、歯の表面の亀裂、歯の骨性癒着、顎関節症があります。

治療前
症例
症例
症例
症例
症例
症例
治療中
症例
症例
治療後
症例
症例
症例
症例
症例
症例

臼歯で咬んだ時に前歯が咬み合わず、やや歯ぐきの見える量が多かった症例です。口蓋部に歯科矯正用アンカースクリューを植立し、上顎大臼歯と上顎前歯の圧下を効率的に行いました。上下前歯を挺出させることなく前歯の被蓋を改善しました。

症例6-2

主訴 歯が出ている、前歯で噛み切れない
年齢性別 14歳女性
診断 開咬を伴うアングルⅡ級Ⅰ類
治療法 上下左右第一小臼歯抜歯によるマルチブラケットシステム
装置 ラビアルブラケット(プラスチック)、パラタルアーチ、矯正用アンカースクリュー
治療期間 2年3か月
費用 709,500円
+調節料(5,500円×26回)

*治療上のリスクとして歯根吸収、歯肉退縮、むし歯、歯肉炎、口腔粘膜の傷、顎関節症があります。

治療前
症例
症例
症例
症例
症例
症例
治療中
症例
症例
治療後
症例
症例
症例
症例
症例
症例

上下前歯の切端は垂直方向、水平方向ともに距離があった症例です。口唇閉鎖と舌の位置に気を付けてもらいながら治療を進め、上下前歯の位置関係は改善しました。下顎大臼歯の移動のために矯正用アンカースクリューを使用しました。