歯並びのタイプと治療例
歯並びのタイプと治療例

叢生

叢生

叢生(がたがた)

歯が重なり合って生えている状態です。歯の幅が大きい、あるいは顎が小さい場合に、歯が生えるためのスペースが不足して起こります。乳歯のむし歯や早期脱落がスペース不足の原因となることもあります。

放置すると…

  • 歯みがきが難しく、むし歯や歯周病、口臭の原因となることがあります。
  • 発音や滑舌に悪影響となる場合もあります。
  • 特定の歯に咬合力が集中してしまうと、歯の寿命に影響することもあります。

叢生の治療例

EXAMPLE OF TREATMENT

症例1-1

主訴 八重歯を治したい
年齢性別 13歳女性
診断 犬歯の低位唇側転位を伴うアングルⅡ級叢生
治療法 上顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二小臼歯抜歯によるマルチブラケットシステム
装置 ラビアルブラケット(プラスチック)、パラタルアーチ
治療期間 2年4か月
費用 687,500円
+調節料(5,500円×26回)

*治療上のリスクとして歯根吸収、歯肉退縮、むし歯、歯肉炎、口腔粘膜の傷、歯の表面の亀裂、歯の骨性癒着、顎関節症があります。

治療前
症例
症例
症例
症例
症例
症例
治療中
症例
症例
治療後
症例
症例
症例
症例
症例
症例

右上の犬歯が歯列からはみ出し、正中がずれていた症例です。スペース不足解消のために小臼歯を抜歯しました。大臼歯の咬み合わせも改善するため、下顎の大臼歯を一歯分前方に移動しました。臼歯と前歯の咬合は改善され、上下正中が一致しました。

症例1-2

主訴 上下の歯のがたがたが気になる
年齢性別 26歳女性
診断 犬歯の低位唇側転位を伴うアングルⅠ級叢生
治療法 上顎左右側第一小臼歯、下顎左右側第二小臼歯抜歯によるマルチブラケットシステム
装置 ラビアルブラケット(プラスチック)、パラタルアーチ
治療期間 2年6か月
費用 687,500円
+調節料(5,500円×30回)

*治療上のリスクとして歯根吸収、歯肉退縮、むし歯、歯肉炎、口腔粘膜の傷、歯の表面の亀裂、歯の骨性癒着、顎関節症があります。

治療前
症例
症例
症例
症例
症例
症例
治療中
症例
症例
治療後
症例
症例
症例
症例
症例
症例

左右の犬歯の萌出スペースが無い、いわゆる八重歯の症例です。上下小臼歯の抜歯スペースを叢生改善に利用しました。歯並びが改善したことで口元の緊張感は解消され、良好なスマイルとなりました。

症例1-3

主訴 がたがたを治したい
年齢性別 27歳女性
診断 側切歯の交叉咬合を伴うアングルⅠ級叢生
治療法 上顎左側第二大臼歯抜歯によるマルチブラケットシステム
装置 リンガルブラケット(クリッピー®)
治療期間 2年3か月
費用 111,000円
+調節料(5,500円×26回)

*治療上のリスクとして歯根吸収、歯肉退縮、むし歯、歯肉炎、口腔粘膜の傷、歯の表面の亀裂、歯の骨性癒着、顎関節症があります。

治療前
症例
症例
症例
症例
症例
症例
治療中
症例
症例
治療後
症例
症例
症例
症例
症例
症例

上下ともスペースの不足量が少なかったため小臼歯は非抜歯で治療を行いました。ワイヤーで歯列弓を拡大することによってスペースを確保し、叢生は改善しました。左上の親知らずが健康だったため、処置歯である第二大臼歯を抜歯しその位置に親知らずを移動しました。